blank
blank
ホーム blank
blank
ビクトリアblankバンクーバーblankカルガリーblankトロントblankオタワblankモントリオールblankハリファックスblankその他
a
blank
blank ワーキングホリデーの制度をご紹介。
 

blank
blank
ワーキングホリデービザとはビザガイドHOME blank
blank blank
blank ワーキングホリデーとは ・ワーキングホリデービザ取得方法 blank

blank ワーキングホリデーについて ・ワーホリの目的 ・メリット ・実情 ・ポイント ・仕事をする blank


blank カナダのワーキングホリデーについて blank

blankカナダのワーキングホリデー制度とは、最長1年間休暇を楽しみながら、滞在費や旅行資金を補う手段として就労する事を認める制度です。あくまでも”ホリデー”という制度なのですが、一年間カナダで働く事が出来、6ヶ月間学校に通う事も可能なビザです。

カナダに来る多くの方の目的は英語の習得だと思います。カナダは元々イギリス統治領で、英語に関しても癖の無いクリアな英語が学習できます。さらに、特にトロントに関しては、移民や留学生が多く、英語を学ぶ人に対して寛容で、英語を学ぶ環境としてはとても良い場所だと思います。

海外生活という事において、トロントは大変適した場所です。気候も北海道と近く過ごし易く、物価も安く、英語を話せない人にも寛容な社会は、自分次第でいくらでも楽しむ事が出来ると思います。そして仕事。外国で、英語を話す環境で働くという事はやはり難しいです。でも実際には殆どの方が仕事を見つけ、海外で生計を建てる事に成功しています。また自分がやりたい仕事を見つけ、夢を実現されている方も多いですよ。

要は自分次第で、自分の目的を達成する、夢をかなえる絶好のチャンスなのです。


blank ワーホリの目的 blank

blankワーキングホリデーで渡航される皆さんの目的は、第一に英語の習得だと思います。まずは英語を基礎から学び、自分で英語を学ぶ環境を作り、そして働く事で、実践的な英語を身に付ける。これが一番大事です。最初に語学学校に通う事も重要で、ここで自分の英語力の基礎を作る必要があると思います。でもそれだけではだめです。学んだ事は実際に使いましょう。その為にも仕事をするだけではなく、ボランティアをしたり、自分の興味のある習い事をしたりなど、とにかくカナダの社会に接する事が重要です。

さらに、ワーキングホリデーでカナダを訪れるのであれば、ぜひ目的をもって訪れて欲しいです。もちろん英語を話せるようになる事というのでもかまいません。また、例えば冬にスノボをしまくるとか、ライブに行きまくるとか、映画を見まくるというのでもかまわないと思います。ぜひ、自分にとってプラスになる、目的意識を持って1年間という時間を有効に使うようにしましょう。


blank ワーキングホリデーのメリット blank

海外で1年間、生活、仕事が出来る
異文化の社会を体験できる
英語が上達する
外国人の友達が出来る
...etc


blank ワーキングホリデーの実情 blank

実際にカナダで生活している人のコメントなどを簡単に集め、ワーキングホリデー生活の特徴をご紹介致します。

icon滞在に必要な費用
ここでは、あくまでも目安として、ワーキングホリデーでの滞在にかかる費用をご紹介します。滞在の目的、生活レベルによって費用は全く変わってきますのでご注意を。

航空券往復 10〜15万円 アパート(シェア) 約4万円(1ヶ月)
海外旅行障害保険 約8万円(1年間) 交通費 約1万円(1ヶ月)
語学学校 約8万円(1ヶ月) 食費、雑費 約2万円(1ヶ月)
ホームステイ 約7万円(1ヶ月)    

icon1年間の費用の目安
ワーキングホリデービザ取得者のカナダでの平均的な暮らし(ホームステイに3ヶ月、語学学校に3ヶ月通う、その後シェアハウスに滞在)を元に、生活に必要な費用を簡単に計算してみました。

航空券往復 10〜15万円 アパート・シェア(9ヶ月) 36万円
海外旅行障害保険(1年) 8万円 食費、雑費(1年間) 20万円
語学学校(3ヶ月) 24万円 旅行、遊行費(1年間) 20万円
ホームステイ(3ヶ月) 22万円    
  合計 140〜150万円

icon仕事の収入 - 月約10万円 (1日8時間、週5日、自給$8で計算)
うまく仕事が見つかれば、給料と生活レベルを比べれば、貯金をする事も可能かもしれません。但し、自分がやりたい仕事を見つける事は結構大変です。現地での収入はあくまでも臨時収入で、現地での収入に頼りお金を用意していかないのは大変危険です。給料の安いカナダの仕事に期待するより、日本で十分な資金を用意して、物価の安いカナダで、ワーキング"ホリデー"を楽しみましょう。


blank ワーホリ生活のポイント blank

icon滞在先
blankカナダに到着してから滞在先を探すのも一つの選択。それも良い経験になるでしょう。滞在先を決めてない人は、ユースやB&Bに一定期間滞在して、家探し、ホームステイ探しをする方が多いです。

また、初めて海外で一人で生活することに不安を抱く人は、事前にホームステイ先や寮などを手配する事もお勧めします。到着後、スムーズに現地生活を始めることができるので、生活に慣れてからゆっくり自分に合った家を探すことが可能ですよ。

icon英語力アップ
やはり、外国での生活の中では最低限のコミュニケーション力は不可欠。カナダではワーキングホリデーでも6ヵ月までは語学学校に通う事が認められています。英語力は日常生活の中でもある程度は身に付きます。しかし殆ど基礎知識が無いままで外に出て限界を感じてしまう事もある。そういう点で英語に自信の無い方はまず語学学校に通うことをお勧めします。語学学校の中で先生というカナダ人に出会う事で、これから先のカナダ生活に関するアドバイスが得られるかもしれない。言葉というものは文化と密接なものであるから、ここで言葉を学ぶという事はカナダの文化を理解することにつながる。語学力が身についた時、おまけにカナダの文化をも理解しちゃってるあなたの選択肢は絶対に広がっているはず!

icon友達をつくる!!
トロントには様々な人がいる。人々が世界中から集まってできた街なのだ。一年間のワーキングホリデー生活でも多くの出会いが待っているはず。例えば語学学校の中だけでも世界各国から生徒が集まっている。彼らと肩を並べて一緒に英語を学び、交友関係を深める事は一生の思い出になるはず。英語を通じて世界中の人と話したり、笑ったりする感動をあなたも味わう事でしょう!

iconカナダでの生活
blankカナダ、特にトロントでの生活は、外国人、留学生にとってとてもハードルが低いです。何しろ英語を母国語としない人が半数を超える社会です。よって英語が話せなくても自分次第で、どんどん社会に溶け込んでいけると思いますよ。

もちろん、郷に入れば郷に従え、カナダという社会のルール、マナーを守り、そして、相手の国の文化、週間を尊重し、そして日本人である事に誇りを持って、お互いを尊重してカナダに溶け込んで欲しいと思います。


blank 実際に仕事をする blank

カナダで仕事を見つけるのは大変です。しかも自分のやりたい仕事となると、かなり苦労すると思います。でも実際には自分の目的を達成したり、夢を叶えている人も居るのです。だから、全て自分次第。きちんと目的意識を持って、それを達成する為に英語力を上げたり、仕事探しにどんどんチャレンジする事はとても重要ですよ。ぜひ、下記の仕事に関するコンテンツを読んで、自分の仕事探しの参考にしてください。
blank
blank
blank
blank
blank

blank

blank
blank
under