blank
blank
ホーム blank
blank
ビクトリアblankバンクーバーblankカルガリーblankトロントblankオタワblankモントリオールblankハリファックスblankその他
a
blank
blank 観光ビザの仕組みと取得方法をご紹介。
 

blank
blank
観光ビザビザガイドHOME blank
blank blank
blank 観光ビザ ・観光ビザによるビザ切替/延長 blank

blank 観光ビザの仕組み ・入国時のビザ取得に関して ・観光ビザの注意点 blank

blank観光ビザとは、観光、友人・親族訪問、出張などの目的でカナダに入国する外国人の為のビザで、日本国民であれば、ビザの事前申請をせずに、通常最高6ヶ月まで滞在が認められています。


blank 観光ビザの仕組み blank

日本国民は、下記の条件を満たしていれば、事前に取得せずにカナダ入国時に最大6ヶ月の観光ビザを取得する事が出来ます。

カナダ出国予定日+1日以上の有効期限がある日本のパスポート
帰りの航空券、又は帰りの航空券を買えるだけの資金を証明する事
学校に通う予定なら、学校の入学許可証を用意


blank 入国時のビザ取得に関して blank

blank上記の様に、ビザの取得の手続は不要ですが、カナダ入国の際、係官の判断で、殆ど場合はスタンプのみが押されており、このスタンプの日付から6ヶ月間滞在可能です。但し場合によっては、移民局のオフィスに呼ばれ、インタビューの後、係官の判断により、6ヶ月以下の滞在期間しか認められない場合もあります。この場合は、押されるスタンプの下に滞在期限を手書きで掛かれます。また、入国の際や以前の記録より、CIC(移民局)のデータベースに載ってしまった場合などに、"Visitor Record"と呼ばれるビザ用紙を付けられる場合もあります。

入国時に係官にパスポートと税関申告書を出す際、状況によって以下のものを提示できるように用意しておきましょう。

・帰りの航空券(有効なもの、自分の滞在日程と合わないものは見せない)
・学校からの入学許可証、連絡先
・滞在先の住所や電話番号
・現金やトラベラーズチェック、もしくは残高証明書(用意できるのであれば英文のもの)

半年間滞在予定であれば、滞在目的の説明を求められる場合もあります。学校に既に申し込んでいるのであれば、学校に行く期間と、その後の観光予定のプランを説明するようにしましょう。

近年帰りの航空チケットがないと入国できないケースがあります。日本から訪れる際は往復チケットで入国しましょう。

icon注意点

・嘘は絶対につかないこと!
・最初はまず余計な事は言わないようにしましょう。
・求められる可能性の有る資料、書類はきちんと用意しておきましょう。
・滞在予定期間に何をするかきちんと説明できるように考えておきましょう。
・学校に通う予定の場合は、滞在理由を、学校への通学と観光目的と説明しましょう。
・滞在先が決まっている場合は、その住所、電話番号を解るようにしておきましょう。

※以前は、滞在能力の証明として、残高証明は有効でしたが、最近では、係官は残高証明をあまり信用していないので、提示をしても参考にされないケースがあります。なので入国時は、学校の入学許可証、ホームステイなどの滞在先の住所や連絡先、そして、現金、トラベラーズチェックなどの所持金を提示できるようにしておきましょう。

icon入国時に聞かれる事

なぜカナダに来たか? ・観光目的 
・友人を訪ねる
・学校に通う
どのくらい滞在する予定か? ・滞在予定期間を言う
・半年間という場合は、学校や観光プランなどを説明する
滞在先は? ・滞在先が決まっている場合は、住所、連絡先を提示
$60以上のギフトを持っているか? ・税関申告書に書くべきものを持っている場合
食べ物を持ってきているか? ・カナダは食料品の持込に対して非常に厳しい
・生鮮食料品などの持ち込みは禁止
・調味料などの加工品でも係官の対応によっては没収される

icon期間
ビジターとしてカナダに入国する場合、ビザはなくパスポートに判を押される。判の下に手書きの日付が入っていれば、それがビジター切れる日付であり、日付が入ってない場合は、入国日から6ヶ月後がビジターが切れる日付となります。

icon複数回の入国に関して
何度もカナダを訪れる方は、特に滞在目的であまり頻繁に行き来する様だと入国審査に引っかかる場合があります。カナダから一時帰国する場合などに、頻度によっては再入国できない場合があります。

iconイミグレーションの傾向
再入国の判断は、担当するイミグレーションの係官によって対応が違うようです。人によってはすんなりとパスする場合もあれば、3ヶ月に減らされたりする人もいるみたいです。

もし学校に通う予定があるなら、学校の申し込みをして、その領収書を係官に見せたり、または銀行の残高証明書、出来れば最低半年間の滞在であれば$6.000以上(目安)を用意して提示するなど、滞在能力と理由がしっかりしていれば通る可能性が上がるそうです。但し、これは本当に係官の判断なので、ある意味賭けの要素が高いです。確実と言う方法はありません。

ただ単に観光目的、滞在先はホームステイとするのが最近無難です。


blank 観光ビザの注意点 blank

icon観光ビザで留学出来る
blank観光ビザでも留学できるんです。半年以内であれば学生ビザを取得することなく、学校へ通えます。半年と言う期間ですが学生ビザを取って留学する必要は無いかと思われます。

但し、カナダに留学目的のみで渡航する場合は、学生ビザを取得しなくてはならないと言う規則もありますので、もし、入国時に質問された場合は、学校に通う事と、観光と言いましょう。

icon出入国をする場合は
観光ビザでカナダへ出入国をする場合、例えばカナダに滞在しながら他の国へ旅行する場合も含め、カナダに入国する場合はその都度滞在目的、滞在能力を証明する必要があります。

例え最初にスタンプをもらい、6ヶ月の滞在許可が下りたとしても、それはあくまでも皆さんがカナダに居る間有効なもので、短期間でも出国した場合は、入国時に再度審査の対象になります。よって、最初にビザをもらった期間より短くされるケースもあるので、カナダへ出入国をする場合はその都度、最初に入国した際と同様、慎重な対応が必要です。

iconカナダから出入国をしてもビザは延長されない
カナダに半年以上滞在する為に、一度カナダから出国し、第3国からカナダに入国すると、また観光ビザをもらえる可能性は低いです。パスポートやデータベース上にあなたがカナダに滞在した履歴は残っており、入国係官はそれを総合的に判断し、あなたの入国を許可します。なので、ビザ延長目的での第3国への出入国は、そのままカナダに戻れなくなる可能性も含んでいます。

カナダ政府は、6ヶ月滞在し、滞在延長を希望する場合は、延長申請をしなくてはならないと明言しています。よって、延長申請をせず、ビザが切れる直前に、カナダに再度入国するつもりで、第3国に出国した場合は、基本的に入国はかなり難しいとお考え下さい。
blank
blank
blank
blank
blank

blank

blank
blank
under