blank
blank
ホーム blank
blank
ビクトリアblankバンクーバーblankカルガリーblankトロントblankオタワblankモントリオールblankハリファックスblankその他
a
blank
blank カナダのビザの種類をご紹介。
 

blank
blank
ビザの種類ビザガイドHOME blank
blank blank
blank 観光ビザ学生ビザワーホリビザ各ビザの特徴アメリカビザについてお勧め留学プラン blank

カナダへの入国はビザが必要です。皆さんが留学の際に取得対象になるのは以下の3種類です。また、観光ビザに関しては、日本人であれば、事前取得無く、最長6ヶ月までの観光での滞在が認められているので、短期の留学にも利用できますね。

ここでは、各ビザの簡単な特徴と、皆さんの目的に合わせた選び方のご紹介を致します。

※ご注意(必ずお読み下さい)
ビザに関する、一般的な情報をご紹介するよう勤めております。ただカナダのビザ事情は、特にビザの結果の可否は大きく対応した係官の個人的な判断に寄る所が大きく、これが正しいという決まりが不明確です。なのでこちらの情報はあくまでも参考に留めてください。なお当サイトは責任を負いかねますので予めご了承下さい。


blank 観光ビザ blank

blank観光、友人・親族訪問、出張などの目的でカナダに入国する場合はビジター扱いとなり、日本人の場合は、通常最高6ヶ月まで滞在が認めらます。また その期間内なら学校に通うことも許されています

入国の際、係官の判断で、殆ど場合は、スタンプのみが押されており、この スタンプの日付から6ヶ月間滞在可能です。ただし、場合によっては、このスタンプの下に日付が書かれる場合があり、その場合は、日付までが滞在可能期間となります。 なので、滞在月×10万円ほどの残高証明や、入国時に十分なお金を用意しておいたほうが良いですが、殆どの場合は、何も聞かれること無く、6ヶ月間滞在できるスタンプを押されます。

問題となる半年間のビザ期間ですが、延長を希望するのであれば、条件を満たしていれば(滞在期間中の生活費があるかなど)さらに半年の観光ビザの延長、そして学生ビザへの切り替えも可能です。

メリット ・申請手続や申請料金が不要
・半年以内であれば学校にも通う事が出来る
デメリット ・働く事が出来ない
・最長1年までしか滞在できない
・学生ビザへの切替が難しい
・カナダ再入国が難しい

icon観光ビザでも留学できる
初めてのカナダであれば滞在月掛ける10万円ほどの残高証明などを用意しておいたほうが良いですが、無条件で滞在する事が出来ます。しかも学校へも通えますし、半年と言う期間ですが学生ビザを取って留学する必要は無いかと思われます。

問題となる半年間と言うビザの期間ですが、延長を希望するのであれば、条件を満たしていれば(滞在期間中の生活費があるかなど)さらに半年の観光ビザの延長、そして学生ビザへの切り替えも比較的スムーズに可能ですよ。
icon観光ビザについて


blank 学生ビザ blank

blank学生ビザは、正式には就学許可証 (Student Permit)と呼ばれる。基本的に 6ヶ月以上カナダで学校に通う際に必要となるビザ。

学生ビザといっても、留学の形態は様々。大学や短大だけでなく、ESLと呼ばれる、私立の語学学校へ留学する事も含まれます。基本的には学校に払うお金さえあれば、あまり制限無く申請できて受理されるビザなので、観光ビザの半年では足りないなあと思う人は取得しても良いと思います。

ただ日本からカナダの学校へ入学手続を個人でするのは結構大変で手間がかかるのと、エージェントを通すと結構お金がかかるのが難点です。

メリット ・通学期間分滞在ができる。
・比較的長期間滞在が出来る。
・ビザ延長がスムーズに出来る。
デメリット ・申請手続の手間と申請料が必要。
・働く事が出来ない(公立の長期プログラムは可能)
icon学生ビザについて


blank ワーキングホリデービザ blank

blankやはり一度はカナダへワーホリビザで渡航したいですね。もちろんワーホリビザでも学校に通う事が出来ますし、例えば働きながら学校に通ったり、海外で生活しているという実感がありますよ。

問題点としては、やはり取得が年々難しくなっていて、2006年度は3月中旬に締め切りとなるなど、申請時期を早める必要が出てきています。また、どうせなら、ある程度語学力をつけて、一年間フルに自分のやりたい仕事に打ち込んで欲しいので、事前にカナダに滞在して、英語力を付けて、ある程度仕事のリサーチをしてからワーホリビザで再度来ると言うのもお勧めです。

メリット ・カナダで働く事が出来る。
・学校に行く事も出来る。
デメリット

・事前に取得が必要。
・ビザ取得に、年間の定員があり、好きな時期に渡航できない。

iconワーキングホリデービザについて


blank 各ビザの特徴 blank

icon特徴
blank
  期間 費用 就学 就労 延長(※2) 延長費用
観光 半年 $0 × ○(半年のみ) $75
ワーキングホリデー 1年 $0 × -
学生 就学期間中 $125 ×※ ○(修学期間分) $125

※大学やカレッジの場合、学生の就労が週20時間まで認められるようになりました。

iconメリット/デメリット
blank
  メリット デメリット
観光ビザ ・ビザ取得の必要が無い
・半年後にさらに半年延長が出来る(条件を満たす事)
・語学学校に無条件で通う事が出来る

・働けない
・滞在期間分の費用を貯める必要がある

ワーキング
ホリデービザ

・働く事ができる
・学校に通う事も出来る
・働く事で資金が少なめでも良い

・ビザの申請が手間で、留学時期をあまり選べない
・一回のみ有効
学生ビザ ・学校さえ決めてしまえば特に制約無く留学する事が出来る
・留学期間を自由に設定できる
・現地でビザの延長も可能

・働けない
・申請が手間
・学校申込みも必要なのでお金がかかる
・滞在期間分の費用を貯める必要がある



blank アメリカビザについて blank

blank日本人に関しては、アメリカ入国時に90日間の観光ビザが発行されます、その際、出入国記録カードを記入し、入国審査時にこの半券がパスポートにホチキスで付けられます。このビザは90日間以内であれば何度でもアメリカに出入国出来るというもので、ここで気をつけて欲しいのが、アメリカ出国時には、出入国記録カード" I-94"(白)、または"I-94W"(緑)を必ず返却するようにしましょう。

icon返却方法
を90日を過ぎても返却しなかった場合、アメリカに不法滞在という記録が残ってしまうので使わないのであれば必ずアメリカ出国時に返却しましょう。

I-94/I-94Wカードの裏側に、米国の出国地・出国日ならびに搭乗便名・乗船船舶名を記載し、状況説明の英文の手紙と米国出国の証明を添えて、下記の宛先に郵送して下さい。送付先は下記住所のみです。大使館または領事館には郵送しないで下さい。大使館または領事館には記録を更新する権限がありません。

a ACS - USCIS, SBU,
P.O Box 7125,
London, KY 40742-7125,
USA

icon証明書について
証明には多種多様なものが考えられます。例としては、以下の様なものが挙げられます。

a ・米国出国の際に使用した搭乗券のオリジナル
・米国出国後、他の国に入国した記録も含め、パスポート上に押印された出入国スタンプのコピー
(写真入り個人情報ページを含め、出入国スタンプが押印されたすべてのページ)。
・その他補足書類のコピー:米国出国後に、
-米国以外の国で就労したことを証明する雇用主からの日付入り給与明細書
-米国以外の国での滞在や居住を証明する銀行通帳(米国出国後の取引日付が記載されているもの)
-米国以外の国の学校に在学したことを証明する在学証明書
-米国以外の国に滞在または居住していることを証明するクレジットカードの利用明細書
(米国出国後に利用した日付および名前が明記されたもの。ただし、カード番号は削除すること)

判読可能なコピー、または可能であればオリジナルを英語の説明文を添えて送って下さい。オリジナルは返却されませんので、控えのコピーを必ず取っておいて下さい。詳細は下記をご確認下さい。
icon在日米国大使館(I94に関する記述) http://tokyo.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-i94.html


blank お勧め留学プラン blank

まずは、ワーキングホリデービザ以外で、留学をしてみよう。例えば1ヶ月とか2ヶ月とか、短期でまず留学に慣れる事、英語に慣れる事が大事です。

そして自分の留学目的をはっきりさせ、きちんと対策を考えてからまた来たい、海外で仕事をする目的を感じたなら、ワーキングホリデービザを取得してもう一度カナダへ来るのも良いですし、例えばカナダの大学や短大の卒業を目指し、学生ビザを取って留学準備をするのも良いですね。

ちなみに大学や短大卒業後、1、2年間のワークパミットが無条件でおりるので、それでさらに自分の身に付けた学力を自分の将来の仕事に繋げるよう、カナダで仕事に従事するのも良いですね。
blank
blank
blank
blank
blank

blank

blank
blank
under