blank
blank
ホーム blank
blank
ビクトリアblankバンクーバーblankカルガリーblankトロントblankオタワblankモントリオールblankハリファックスblankその他
a
blank
blank 渡航前に必要な手続きをまとめてご紹介致します。


blank
blank
渡航前準備 < 留学準備HOME blank
blank blank
blank 役所手続 ・必要な手続 ・お金について ・飛行機搭乗時 blank

 
blank 役所手続 blank

特にワーホリや長期の就学など、長く日本を離れる際は、自分に必要と思われる手続きを役所に確認の上、実施しましょう。

住民票 海外転出届をしましょう。そのままでは年金や健康保険、住民税の支払い義務が発生します。海外転出届を出すと、支払義務がなくなります。帰国の際に転入届を出せば、住民登録が出来ます。
住民税 毎年1月1日現在日本の市町村に住所がある場合に前年の所得に応じて課税されます。転出届を出し、翌年1月1日に日本国内に住所が無い場合その年の住民税は掛かりませんが、今年分の住民税納付が済んでいない場合納付が必要となります。
国民年金 住民票がそのままであれば強制加入となり、ご家族が離職票、年金手帳等を持って区役所等で手続きします。海外留学は学生納付特殊制度の対象ではありませんが、収入がなければ申請免除は可能です。転出届を出せば、国民年金の被保険者資格は喪失し、任意加入となります。任意加入しなければ、海外留学期間中は受給資格には影響は無いものの、将来もらえる年金額は減額されます。
国民健康保険 被保険者が海外で病気に掛かった場合の費用は、帰国後申請すれば7割相当分が海外療養費として保険診療の範囲内で支給されます。支払は2年以内に申請しなければならない為3年以上海外にいる場合は、日本に居る家族が代理で申請が出来ます。但し国民健康保険は、転出届を出すと加入出来ません。

 
blank 必要な手続 blank

icon航空券
格安航空券の片道放棄かカナダからの呼び寄せ便、片道航空券がお薦め(JALの場合は片道放棄をしない方が望ましい)

観光 帰りのチケット所持が入国の条件となり、往復チケットが必要。
学生/ワーホリ 基本的には、片道と往復、どちらのチケットでも問題ありません。
ワーホリの場合、帰国チケットが無い場合資金証明の準備が必要といわれていますが、実際はそこまで厳密にチェックされる事はありません。

icon保険
クレジットカード
付帯の保険
日本出国後90日間有効。現地医療保険との組み合わせが一番安く保険料を抑えられます。
留学生向海外保険 年間15万以上の保険料。但し盗難や紛失時の補償など内容は充実しています。
現地医療保険 通院や入院などへの保険は日本の留学保険と同様に補償されますが、盗難・物損への補償と、飛行機遅延など旅行に関する補償がされません。その分1日$1.5〜$2.0、年間$500〜$600と大変安価です。

icon荷物について
カナダでほとんどのものは手に入ります。なので、下記では手に入りにくいものを中心にまとめました。

必ず必要なもの ビザ発給許可証 / パスポート / 航空券 / 現金 / トラベラーズチェック
あると便利なもの クレジットカード / 日本の運転免許証 / ノートPC / 電子辞書 / デジタルカメラ / 化粧品・常備薬 / コンタクト・クリーナー
日本の筆記用具 / 日本語の英語参考書 / ガイドブック
不要なもの 国際ローミングサービス対応の携帯電話 / 国際運転免許証 / シティバンク

 
blank お金について blank

iconお金の運用について
長期滞在の場合はカナダ到着後に銀行口座を開設し、トラベラーズチェックの入金や日本から海外送金による運用が便利です。短期滞在の場合、必要な分はトラベラーズチェックで持ち込み、残りはクレジットカードを利用するのが良いでしょう。

icon両替
日本でカナダドルのトラベラーズチェックに換金し、カナダに持ち込むのがお勧め。カナダドルへの両替よりもレートが良く、紛失や盗難時に再発行が受けられる点で安心。銀行はレートが悪いので、当面の現金のみ両替し、カナダ到着後も銀行ではなく、街中にあるレートの良い両替商を使いましょう。
※但しバンクーバーの場合は、日本円のレートが良いので、日本円の現金をバンクーバーで換金するのが最も良いです。

icon海外送金
日本の銀行からカナダの銀行口座に振込をする事が出来ます。学費の支払や生活費をカナダに移動する為にも利用します。日本からお金を移動する手段として、安全性や手数料を考慮してもお薦めの方法です。通常は所要3−5日です。

手数料 送金をする銀行(日本)に払う手数料: 2,500-5,000円程(銀行による)
受け取リ側銀行(海外)に払う手数料: $10-25
※海外送金はゆうちょ銀行がお勧め、2,500円で送金可能(別途カナダ側受取手数料が掛かる)
レートについて 各銀行が独自に決めるTTS(銀行が顧客に外貨を売る電信レート)が適用されます。
送金の手順 銀行の窓口で送金手続きをします。 ※一部銀行は取り扱っていません。
送金必要情報 海外送金にあたっては、送り先の銀行に関する以下の情報を、事前に確認してください。
銀行名 / 支店名 / 銀行番号 例: BMO:001、Scotiabank:002、Royal Bank:003、TD:004、CIBC:010
支店番号(Transit Number) / 支店住所 / SWIFTコード(世界中の銀行を区別する8〜11桁のコード)
口座名義 / 口座番号 / 受取人住所
 
 
blank 飛行機搭乗時 blank

icon飛行機搭乗時の注意
最近はテロ防止対策として、搭乗時のセキュリティがとても厳しくなっています。例えば液体やペースト状のものも少量でないと持ち込めませんので、お酒やジュース、歯磨き粉や整髪料などは全てスーツケースの中に入れるなどの工夫が必要です。

持ち込み荷物については、以下のリンクから確認できます。

成田国際空港セキュリティガイド(持ち込み可・不可の確認)
http://www.narita-airport.jp/jp/security/master_sheet/index.html

また、ご利用頂く各航空会社のページでも案内されている他、荷物の大きさ・重さの制限などについても確認できます。

エアカナダ(ANA)・JALの預け入れ荷物、手荷物制限
受託手荷物は最大2つまで、縦、横、高さの3辺の和が158cmまでで、重さは一つが最大23kgとなっています。
持ち込み手荷物は最大2つまでで、3辺の和が118cmまで、それぞれの重さは最大10kgとなっています。
blank
blank
blank
blank

blank

blank
blank
under