blank
blank
ホーム blank
blank
ビクトリアblankバンクーバーblankカルガリーblankトロントblankオタワblankモントリオールblankハリファックスblankその他
a
blank
blank これは持ってきて欲しい物、これは意外といらない物、
カナダへの留学に必要な持ち物リストのご紹介です。


blank
blank
持ち物リスト < 留学準備HOME blank
blank blank
カナダ留学の持ち物リストのご紹介です。

日本での留学準備。皆さん日本で準備して何を持っていったら良いか、留学時の持ち物で悩まれると思います。また実際に持ってきて意外と必要だったり、必要だと思ったら要らなかったり。カナダで実際に日本人留学生から頂いたご意見を元に、カナダ留学の際に必要な、もしくはあまり必要のない持ち物リストをご紹介致します。

国際運転免許証 × カナダでの有効期限は3ヶ月間。長期で使うのであれば、日本の免許証をカナダで簡単に書き換える事が出来ます。
国際学生証 × カナダで語学学校に通うのであれば、日本で取得するより、簡単かつ安く作れます。
クレジットカード カナダはカード社会。カード払いは当たり前なのであると便利です。日本からのキャッシングも出来るし、身分証明書にもなります。但し留学生でも銀行口座を持てば現地でも簡単にクレジットカードを持てるようになります。
電子辞書 無くても良いと思っていると、現地で後悔します。紙の辞書より数倍早く、軽くて便利ですし、やはり英語を使う環境で、辞書は必須。しかもカナダでは入手が困難です。
ノートパソコン これほどあって便利なものはありませんよ。家族や友人とのやり取りにはメールは必須。カナダはブロードバンド率が世界一なので、インターネット接続は比較的楽に出来ます。
日本の携帯電話 × 国際ローミングサービスをしている携帯電話を持ってきて使おうと思ってる方、絶対やめましょう!とても無駄です。維持費非常に高い通話料。カナダでは簡単に現地の携帯電話の契約が出来て、しかも日本より通話料が安い!さらにコーリングカードを使えば1時間100〜200円で日本へ国際電話を掛けられます。
デジタルカメラ 日本で写真を撮らない人も、デジタルカメラ買ってしまいましょう!カナダに来たら、世界中の友人が出来て、思い出の一つに写真を撮りたくなるものです。
トラベラーズチェック カナダに来る際、最もレートの良い送金手段は、日本でカナダドルのトラベラーズチェックを作って持ち込む事です。手数料も安く、安全。どこでも現金化が出来ます。ですので、最低使うであろうお金は、トラベラーズチェックで持ち込みましょう。但し最近カナダドルが高いので、1年程度滞在予定の方は、円高になる事を期待して、当座の3ヶ月程度使うお金だけにして、あとはこの下に書いているように、日本の銀行口座カードを使って現地で引き出す方法もお勧めです。
インターナショナル
銀行カード
日本の大手銀行のカードに殆ど対応しえているのが、この機能。「Plus」マークがついているカードは、カナダのATMで日本からキャッシングが出来るのです。但し日本の銀行と、カナダの銀行両方の手数料が取られるケースが多いので、出来るだけ一度にキャッシングしましょう。
シティバンクのカード × インターナショナル銀行カードがあれば、シティバンクでカードを使って持ってくる必要はありません。シティバンクの場合、手数料が高めなのと、こちらで残高証明が作れない。なぜかたまに使えないATMや、使えない期間が発生したり、口座でのサービスが無いので、あまりお薦めではありません。
タバコ タバコを吸う方!カナダのタバコはまずくて高いです!マルボロなどのアメリカのブランドも殆ど手に入りません。よって、喫煙者は、当面のタバコは持ち込みましょう。もしくは禁煙する良いチャンスですよ。
変圧器 パソコンやデジカメなど、殆どの電気機器は、カナダでそのまま使う事は可能です。ただ、カナダの電力事情は、電圧がかなり不安定なので、日本で販売している精密機器には、負担が掛かる場合が多いです。日本で、2000円程度で購入出来るので、持ってきた方が無難です。こちらでも買えますが、性能が低いです。
化粧品 カナダで売っているものは、日本人の肌には合わないものが多く、日本製はちょっと高いので、普段使っている化粧品は持ってくるようにしましょう。
下着 特に女性用の下着は、サイズも合わず、フィット感も違うので、日本から持ってくることをお薦めします。
日本食 中国や韓国の移民者が多く、調味料なども含め、殆どの食材は日本と同様の価格で手に入るので、わざわざ持ってくる必要はありません。カナダに来たら日本の事は忘れて、こちらの食生活を楽しむ事も大事です。 ただ、ものによっては高価だったり、手に入りにくいものもあります。なので、普段良く食べて、かさばらないもので、手に入りにくそうなものは持ってきても良いかもしれません。
blank
blank
blank
blank
blank

blank

blank
blank
under