blank
blank
ホーム blank
blank
ビクトリアblankバンクーバーblankカルガリーblankトロントblankオタワblankモントリオールblankハリファックスblankその他
a
blank
blank ファームステイに関する情報をご紹介


blank
blank
ファームステイとは留学生活ガイドHOME blank
blank blank
blank ファームステイとは ・ファームステイ体験取材 ・体験者の声 blank

blank ファームステイについて ・方法 ・探し方 ・しくみ ・種類 心得 blank

カナダの大自然の下で働いてみたい!ファームの生活を体験したい!そんな夢を実現するのがファームステイです。でも、どうやったら参加できるの?とか、もっと詳しい情報が知りたい!と思っている方は多いと思います。さらに、ファームステイとはどういうものなのか、皆さんに実際の情報を知って欲しいと思い、こちらに紹介させていただきます。ここでは、ファームステイの参加方法、仕組み、ファームの種類、心得を紹介。


blank ファームステイについて blank
 
aカナダの農家でその家族と一緒に生活し、そこでのファームの仕事やカナダの生活を実際に体験してみたい!そんな夢を実現するのがファームステイ。ここではそんなファームステイに関する情報をまとめて紹介します。

実際、ファームステイを受け入れているファームは、ブリティッシュコロンビア、アルバータ、サスカチュワン、オンタリオ、ケベック、ノバスコシア、ニューブランズウィック、プリンスエドワード島とカナダ全土にわたります。またその種類もさまざまで、牛や馬、羊、豚、鶏などの動物のファームや、野菜や果物のファーム、両方をやっているミックスファーム、ミニ動物園のようなエンターテイメント・ファームや宿泊客の来るゲストランチなどもあります。規模についても、別に職業を持ちながらやっている兼業農家から何人も使用人を雇っている大規模なファームまでいろいろです。

ファームステイ・プログラムには、個人またはグループで参加することができます。ファームまでは公共交通機関を利用して個人の負担となりますが、それぞれのホストによる最寄りのバス停や駅までの出迎えしてくれる場合が多いです。


blank ファームステイの方法 blank
 
iconファームステイ
aワーキングホリデービザ等の就労ビザをを持ってない人でファームでの生活体験をご希望の方へ。滞在費を支払っての滞在となるので、ワーキングファームステイのような労働条件はありませんがファームでの生活を体験する意味で積極的にホストのお手伝いをされることをお勧めします。

iconワーキングファームステイ
ワーキングホリデービザ等の就労ビザを持っている人は、実際にファームで決められた時間を働く事によって、滞在場所や食事などを提供されるというシステムで、ファームでのホームステイが無料(一部有料)になる対価として、仕事のお手伝いをするというものです。


blank ファームステイの探し方 blank

icon留学センターを利用する
aa留学センターでファームステイを手配することが出来ます。特に、この分野に強い留学センターでは、提携ファームも多く、滞在の条件や期間、また、自分の希望なども、交渉する余地があり、当然コンダクターの方が日本人であれば、すべて日本語での手配が可能です。ただし、当然手数料がかかります。
iconトロントでファームステイを手配できるエージェント

icon自分で探す
もし自分でファームステイ先を探したいのであれば、WWOOFという団体にコンタクトを取ってみてください。WWOOFは、世界各地でファームステイ先と情報を交換して参加希望者に情報を提供している団体で、日本の札幌にも支部があります。会員になるには登録料としてC$40がかかります。この団体の会員になるとファームステイ先のリストを手に入れることが出来、そこからは自分で直接ファームに電話して、ファームステイが可能か聞くわけです。会員になってしまえば自力で探すことが出来るので、この方法で見つけている人は結構居ますが、実際は滞在可能なファームはすぐ埋まってしまうことが多く、探すのはかなり難しいようです。また実際どのようなファームなのか、条件や滞在期間など、情報が得づらいという部分もあります。
すべて自力というのはかなり難しいです。情報は少ないと思いますが、インターネット上で募集しているファームを検索したり、コミュニティセンターの掲示板に募集が張られていたりします。また、人からの紹介などの口コミでも探せるかもしれません。
iconWWOOF Canada http://www.wwoof.ca
iconWWOOF Japan  http://www.wwoofjapan.com


blank ファームステイの仕組み blank

iconファームのある地域とファームの種類について
aファームステイを受け入れているファームは、西はBC州から東はPEIまで、カナダ全土に広がります。登録数が多いのはBC州・アルバータ州・オンタリオ州・PEI州・ノバスコシア州などの地域です。

その種類はさまざまで牛や羊、ブタ、鶏などの動物のファーム、野菜や果物ファーム、 またその両方をやっているミックスファームなどがあります。規模についても別に職業を持ちながらやっている兼業農家から何人も使用人を雇っている大規模なファームまでいろいろです。

iconファームステイの季節と滞在期間について
ホストしてくれるファームの数が一番増えるのは6月から10月頃までの夏の期間です。ただし、この時期は参加希望者も多く、なかなかステイ先が見つからないこともあります。また、BC州やアルバータ州では1年を通してステイ可能なファームがありますがオンタリオ・マリタイム等の東部地域では 冬場のステイは難しいでしょう。仕事の内容やファームの種類なども冬の間は限定されます。

滞在期間ですが、殆どの人は1ヶ月から3ヶ月といった方が多いです。中にはワーキングホリデー期間中、すべてファームステイしていたなんて強兵も居ますよ。 ただし、留学センターを通せばもっと短期間でも滞在できる場合もあります。

iconファームでの仕事内容と労働時間について
ステイ先のファームによって仕事の内容は全く異なります。同じファームでも季節によっても違いますし忙しさも 変わってきます。参加者のそれぞれの適性や体力などを見てファームのほうでも適した仕事をお願いされるでしょう。 ファームの仕事以外の家の中の仕事の手伝いや、ベビーシッターが主な仕事になる場合もあります。

働く時間については、基本的に1週間約40時間(スケジュールはファームにより異なります)の労働が義務づけ られています。ただしそれぞれの仕事によってハードさなどが異なりますので、この労働時間はあくまでも基準 でファームから提供される部屋と食事に見合うだけの労働をするという事です。また、開始当初はトレーニングのために逆にファームの方の手間を取らせる事になり一人前にその役に立つようになれるまでにしばらく時間がかかるのが普通です。

iconファームステイでの注意
a受入先のファームの皆さんは、殆どの参加者が全くファームでの経験がなく言葉も不自由なことを承知でみなさんの生活体験と文化交流のためにこのプログラムに協力してくださっています。そのような厚意の上にファームステイプログラムが成り立っているということを忘れないで下さい。

特定の仕事以外はやりたくないとか、自分の希望ばかりを主張するようなタイプの方はファームステイに 向いていません。どんな状況でも自分で解決しようとする積極性がファームステイには必要です。なお、ファームによっては忙しい時期など基準以上の労働をお願いするかもしれません。そのような場合は暇な時期に代休をもらったりするなどファームの人と相談すると良いでしょう。

※滞在費を支払う通常のファームステイは労働義務はありませんが、ファームの生活に親しむ為にも積極的にホストの手伝いをされると良いでしょう。

iconファームステイでの英語力
当然のことながらファームでは全く日本語が通じませんので最低限の意志の疎通ができるだけの英会話力が必要です。ファームの人からの説明が全く理解できないようでは困ります。実際にそのような状態で 参加者自身がファームステイを楽しめるとは思えません。但し英語力そのものよりも、本人のやる気のほうがもっと重要である事は確かです。例え現時点はビギナーレベルでもステイ中にがんばって英語力をアップし有意義な経験をされる参加者もたくさんいます。その為には自分から積極的に質問したり 会話の機会を増やす努力をしなければなりません。そのような姿勢を見せればファームの人も協力してくれるでしょう。

iconファームステイが決まるまで
自分で探す場合は、直接ファームへ電話して探す為、空き状況によってはすぐ決まりますが、現状はなかなか見つからないようです。 留学センターを通じて手配する際は、申し込み時点でのファームの空き状況・希望ファームの種類・地域によって決定までの期間は変わってきます。平均して1週間から2週間を要しています。どちらにしても、夏の時期は参加者が増えファームが満杯状態にるので、早めに探しましょう。


blank ファームステイの種類 blank

icon1位 乗馬系ファーム
aファーム希望のなかでダントツ人気の乗馬。「ペッティング・ファーム」や「ミックス・ファーム」などの種類のファームにステイすると体験できることが多い。アルバータ州などカウボーイの面影が残る土地では、販売用に馬を飼育している「馬ファーム」もあるとか。

icon2位 フルーツピッキング系ファーム
温暖な気温のためBC州などに数多くあるフルーツ系ファーム。ラズベリー、ブルーベリーなどのベリー類を中心に、ナッツやリンゴなどのファームが多い。果樹園で働くのは、やはり女の子の憧れ!? フルーツピッキングは楽しいですよ。

icon3位 大規模ファーム
カナダのダイナミックさに触れたいという事で、漠然と「大きな農場」と希望する人も多いようだ。牛や羊などの「食用肉ファーム」や「穀物系ファーム」など、大きい農場は東部に多い。あなたもカナダの大自然の中で働いてみませんか?広ければ、その分作業も多くなるので、当然忙しいということもお忘れなく。


blank ファームステイの心得 blank

aファームステイに挑戦するという事は、普段の生活とはまったく違う環境に身を置くことになる。ファームステイに映画のようなイメージを描いていて、いざ始まったら「想像とちがーう!」なんてコトにならないよう、心の準備もしっかりしておこう。

icon心得1 泥だらけになるなんて当たり前!
ファームでの作業は、動物に接したり、畑に入ったりで、衣類が汚れる機会が多い。お洒落ゴコロはこの際捨てて、汚れてもいいような服を持っていこう。長靴・軍手はマストアイテム。

icon心得2 農作業だけでなく、家事も含めて全部「仕事」!
『ワーキング・ファームステイ』の場合、畑や牧場での作業だけでなく、ステイ先で必要な作業はすべて仕事。食事の準備、片付け、食器洗い、部屋の掃除、ベビーシッターなど、自分にできる事は積極的になんでもやろう。家事を手伝うのも、ホストファミリーといい関係を築くきっかけにもなる。

icon心得3 暇な時間を上手に使おう!
ファームの多くは街から離れたところにあり、娯楽施設などはおそらく近所にないだろう。雨で作業がない日や休日などに時間を持て余さないように、本など持っていくとベター。便箋や葉書など持って行って、手紙を書くのもいい時間の使い方だ。

icon心得4 自分のアレルギーは知っているか?
ファームでは、埃まみれになったり、動物と接したり、果樹園が花盛りで花粉まみれになったりと、アレルギーの要素が多いことも事実。自分が何に対してアレルギーを持っているか理解していないと、ファームに着いてから大変なことになる。十分注意しよう。


取材・記事提供 : Contact Canada / OOPS! Magazine
Contact Canadaでは、ファームステイに力を入れていて、提携するファームの数も多く、実際にカナダ全土の手配が可能です。詳しい仕組み、さらに申し込みなどの詳細は下記をご覧下さい。
iconhttp://www.contactcan.com

掲載情報の著作権は当サイト及び提供元企業等に帰属します。
blank
blank
blank
blank
blank

blank

blank
blank
under