blank
blank
ホーム blank
blank
ビクトリアblankバンクーバーblankカルガリーblankトロントblankオタワblankモントリオールblankハリファックスblankその他
a
blank
blank 皆さん意外と知らない本当の英語学習
ここでは英語学習に関する情報を幅広くご紹介します
 

blank
blank
英語学習法 < 英語学習法カナダ留学HOME blank
blank blank
blank 英語学習に大事な事 ・英語学習方法 ・アイデア ・最後に blank

blank日本では子供の頃から常日頃接しているはずの英語。なのになんでこんなに話せないんだろう?どうしたら話せるようになるんだろう?こんな疑問を抱えている人は多いと思います。

みなさん、海外へ渡航するにあたって殆どの人は英語を習得しようと考えていると思います。 でも来てみると実感するのですが、本当に英語を習得しようと思ったら、1年では全然足りないのです。それ程英語は奥が深い!だからといって、短期間でも英語をしっかり学ぶ事で、確実に英語が身に付いて来ます。それには皆さん自身が目的意識を持って取り組まないと絶対にうまくいきません。カナダに来たらそれだけで英語が上達するというのはまったくの嘘です。

ここでは、英語の学習方法について様々な人の意見を取り入れて、これから英語の学習を始める人の為に、出来るだけ様々な観点から取り上げます。
 
 
blank 英語学習に大事な事 blank

blank特に日本人にとって最も必要な事から順番に上げます。但し個人的意見なのでご注意を。

icon発音
日本人が最も出来ないのが正しい発音です。どんなに話せても、自分の発音で相手が理解できなければ意味がありません。これは、私たちが考えている以上に深刻な問題です。

英語にはある程度法則があります。発音に関しても同様です。なので、まず正しい発音と、その法則を学び、それを、体に身に着ける事です。『英語を話す』トレーニングが非常に重要です。英語は日本語より口を動かします。日本人が普段使わない筋肉を使ったり、口の動かし方をするので、十分な練習が必要です。きちんと練習すれば、思った以上にすぐ上達します。

さらにイントネーション(抑揚)も大事です。日本語はとてもフラットな言語で、日本語の感覚で英語を話すと、ネイティブスピーカーにとっては何を言っているか聞き取れません。歌のように抑揚をたっぷりとって『歌うように』話す感覚を身に付けましょう。

ここカナダでは、うまく英語が話せなくても恥ずかしがる事はありません。でもきちんとした発音が出来ないと、会話自体が成り立ちません。日本人の発音では別の意味になってしまう単語が非常に多くあります。なので、『発音矯正』ってものすごく大切なんですよ。
icon発音矯正

icon会話

blankこれも日本人の特徴で、文章が読めても、会話が出来ないですよね。会話は文章です。いつも使う文章を文章ごと覚えましょう。あとは単語の入れ替えで済むものです。

とにかく話しましょう。いつも行く店の店員、道端の老人。ホームレス?私たちと会話を楽しみたい人って結構居ますよ。また、なんといっても、やっぱり学校行きましょう。先生と仲良くなって、生徒と友達になって、英会話を楽しみましょうよ!もちろんトロントももっと楽しくなりますよ!

icon単語
単語はどんどん覚えましょう。日本人は日本の学校で習っていない、日常生活に登場するようなちょっとした単語が解らなかったりします。こういった場合は何か解らない単語が出てきたら覚える、それだけでなく覚えた単語を使って身に付ける事が大事です。

例えば街中の広告や看板に出てくる言葉を片っ端から覚える、なんて小さな事から始めましょう。日常目に留める言葉程、やはり日常生活で一般的なものです。もちろん、覚える=使うです。どんどん会話に取り込んで使いながら覚えましょう。

あと大事なのはイディオムです。決まった言葉のつながり、これって重要です。とにかくそういう熟語が出てきたら覚えて使いましょう。どんどん覚えて会話に生かせば格段に会話の幅が広がりますよ。

icon文法
中には、会話も出来るし、聞き取りも問題ないけど、文法に自信が無い方も居ると思います。日本の英語教育は読み書き重視です。なので、中学英語レベルの文法の知識があれば、大抵の英語環境で問題ないので、もう少し方の力を抜いて、文法を覚える事に取り組んで下さい。

でもやはり文法も重要。文法は英語の基礎。最低限の文法はきちんと理解しましょうね。

基本的な事、例えば、動詞の変形や、複数形、疑問形など、色々ありますが、覚えている知識をどんどん穴埋めして正確な知識を身に付けましょう。その癖が付けば、どんどん文法が理解できます。

後は『文法』を使う事です。英語は暗記して、使って覚える。自分が覚えた表現方法はどんどん使いましょう。

 
blank 英語学習方法 blank

英語学習の方法を紹介します。これは実際に多くの留学生がカナダ留学中に心掛けている英語学習法です。とても参考になると思うので、一度ご覧になってみてください。

とにかく
リスニング
多くの日本人が欠けているもの、それはリスニング能力では無いでしょうか?文法とかリーディングは日本の学校でするけど、リスニングとか会話はまだまだ少ないですよね。それで、カナダに来ても最も苦労するのがリスニングです。

学校の先生の英語は聞き取りやすいので理解できるけど、ネイティブカナディアンの英語は速すぎて聞き取れないなんて経験だれもがするものです。会話は先生と生徒同士で徐々に習慣づいて来ますが、リスニングはそうは行きません。

やはりテレビやラジオ、そして街中のカナディアンの会話など、とにかく会話を聞き取る習慣を付けましょう。ただ聞き流してはだめです。真剣に聞く事。何でもそうですが要は英語を聞き取ると言う経験です。とにかく聞いてがんばりましょう。

お勧めな方法は、好きな映画をとにかく何度も見る事、知らないうちに登場人物の言っている事が自然と聞き取れるようになりますよ。
音読をしよう どんな事でも人は五感を使って物事を意識し実行します。これを英語学習に置き換えると、英語を学ぶ事は、色々な方向から英語を使う事を経験する事だと思います。

そこで、目で読み、口で話し、耳で聞くことの出来る、音読の練習をしましょう。方法は簡単。英語の文章を、とにかく声に出して読みましょう。読み方の間違いや単語の意味が判らなくても、気にせずに短時間でも構わないので大きな声で読み上げましょう。読む教材は、学校の教科書でも良いですし、簡単な英語の本でも良いです。フリーペーパーなど、英語の新聞でも良いですが、表現が硬い場合と、読み上げる為の口語表現の多い文章ではないので、素材を選んで使いましょう。

口に出して大きな声で読み上げる事は、体で英語を使うとてもよい練習ですし、意味が判らなくても、読み上げた事を体で経験する事で、自然と身につき、良く出てくる単語は意味を調べればすぐに身に付けられますよ。
シャドウイング 英会話は言葉のキャッチボールです。相手の英語を聞き取って英語で話すという事です。いざ英語を話そうとすると、相手の言っていることが聞き取れない、聞き取れても言葉が出てこない。思ったことがほとんど言えない。それは、話す習慣がまだ足りないからです。英会話は、いかにどれだけの英語を口に出した量で決まるといっても過言ではありません。

その、リスニングとスピーキングの力を同時にアップさせる練習方法がシャドウイングです。『Repeat After Me.』と英語教材などでよく聞く表現ですが、これがシャドーイング。すぐ後から影のようについて行く練習です。英語で聞いた文章をそのまま話す。とにかく聞き取って話す、この反復練習が、英語力を確実に身に付けてくれます。
人と話をする 日本人は、やはりしゃべるのが苦手。学校ならとにかく先生や生徒と話しをしよう。私たちが考えている以上に、会話は簡単です。話し方、言葉の言い回しのパターンを覚えてしまえば、日本語を使うように、考えずに自然と話せるようになります。

それにはとにかくしゃべること。そして頭の中で日本語を考えて翻訳して英語にする癖を無くすようにしましょう。
とにかく
単語を覚える
私達が知っている英語の単語って結構多いです。でもそれ以上に日本で習うことの無く、カナダの生活で必要になってくる単語って多いです。物の名前とか、言い方とか、そういった単語をとにかく使って覚えるようにしていきましょう。

次に、実際に単語を使用した文章でも覚えるようにしましょう。単語を覚えれば文章を理解できるようになります。それでは実際に会話で使用する場合、単語だけでなく、その単語の使い方、もしくは言い回しを覚えておけば、より会話に実践的に使うことが出来ます。
英語をしゃべろう とにかく英語をしゃべりましょう。といっても独り言です。新聞や雑誌などの文章を大きな声で、より美しくしゃべるようにしましょう。普段、自分で考えた文章って、最初は短くて簡単なものしか出来ません。

心がける事は、新聞や雑誌を利用して正確な長い文章をきれいにしゃべる練習です。このとき、出来たら正確なアクセントや正確な発音を心がけましょう。そして文章の中の強弱もきちんと出しましょう。あと、自信が無いから語尾が上がって疑問形になってしまうのですが、これも気をつけましょう。
リズムを掴む 英語を話す時のリズムを掴みましょう。ラジオやテレビで会話を聞き、会話のリズムを掴む事はとても勉強になります。会話は単語を並べるのではなく、文章をリズム良くつなげていく事です。

英語を話す事で重要なのはイントネーション。特に日本語では最も相手に伝えたい意味を最も強調して発声します。これによって私たちも、全て言ったことが聞き取れていなくても、最も伝えたい単語を聞き取って文章の意味を理解していますし、逆に間違った表現をしていても、最も伝えたい事を伝える事で相手に理解してもらうことが出来ます。

上記のとおり、会話にきちんと抑揚をつけ、リズム良く話すトレーニングをしましょう。
文章で話す

文法も解ってるし会話も聞き取れる、単語も大体は解る、でもしゃべれない。こういうパターンっては要するに会話の中で、単語をどういう風に並べていけばいいかを覚えていないのです。ではどうすれば良いか。それなら文章毎覚えてしまえば良いのです。例えば、『How are you?』と言われたら、『I'm fine, and you?』と、とっさに返すことが出来ると思います。

これと一緒で、『こういう質問を受けたら、こう返す』、『こういう話をしたいときはこういう風に話す』と言う形で文章を覚えてしまえば良いのです。そして簡単な文章であれば、単語を入れ替えるだけでかなりの会話のバリエーションが出来ます。ぜひ、色々覚えて会話上手になりましょう。

頭の中を
英語にする
英語で考え、英語で話す。普段私達は日本語で物事を考えたり伝えたりする時、文法とか単語とかの使い方を考えながらする事は殆ど無いでしょう?

要するに私達は、普段使い慣れた日本語をあまり深く考えずに、インスピレーションで使っているのです。英語を使うのも同様に、インスピレーションで使えるようになれば良いのです。それには、もちろん上記のことをする事は必要ですが、コツさえつかめば、割と簡単にできると思います。
 

blank アイデア blank

英語学習方法のアイデアを初歩から裏技まで、ちょこっとづつ紹介致します。

新聞を読む 新聞を読む、というより、活字を読むという意味です。それで最も簡単に手に入る活字が新聞です。英語のフリーペーパーもありますので、こういったものを利用して、文章をどんどん読みましょう。突然すらすら読めるようになりますよ。って、受け売りなんですけど。
ラジオとテレビ ラジオやテレビを聞いて、その単語や文章を書き取るというのも良い勉強です。子供向けの番組などは発音もゆっくりですし、音楽番組なら自分の趣味にあった話題だからやりやすいかもしれませんよ。正確な聞き取りを練習する事で、言葉を覚えるスピードも上がりますよ。ケーブルテレビの番組の中には音楽番組や映画など、字幕付きのものが多いので、非常に良い練習になりますよ。ビデオクリップなどは、何度も放送されるので繰り返し練習できます。
ビデオ

ビデオ・ DVDを繰り返し見るのもいいかと思います。難しいなと思うのであれば、始めは字幕付きで見て意味を確認しながら、慣れてくればキャプションなしで何度も見ると言い回しとか耳で覚えていいと思います。

自分のお気に入りの映画を見つけて何度も見る事です。最初は字幕付きで見て、徐々に慣れて、知らないうちに聞き取れるようになりますよ。

子供向けアニメを
見よう
よく語学学校の授業で、シンプソンズなど子供向けアニメが教材になることがありますが、これがリスニングには良いのです。当然テレビでも、数多くのアニメが放映されていて、普通の番組より英語が簡単なので、リスニングの練習には便利ですよ。出来たらキャプション無しで見て欲しいですが、聞き取れなければキャプションを見ながらでもかまいません。

カナダのテレビでは結構日本のアニメが英語で放送されているのですが、こういったものは良いですね。後はディズニーなどの映画でしょうか。やはり興味のあるストーリーのほうが、英語の上達も速いというものです。
カナディアンの
真似をする
とにかく、話している時、しゃべった事の真似をして見ましょう。例えば『What's up! 』これって、最近どうよって意味ですが、意味を知っていても、覚えるまであまり使わなかったりします。こういったちょっとした言葉とか言い方とかを、その場で真似して覚えてしまいましょう。これって、会話方法を学ぶのに結構効率の良い方法です。
インターネットを
利用しよう
インターネットは情報の宝庫です。当然英語に関する情報も豊富です。これを利用しない手は無いですよ。具体的には、WEB上で、問題を解くようなサイトから、メールマガジンや、クイズ形式のものまで、様々なサイトがあります。ここでは、特に紹介しませんので、ぜひサーチエンジンで検索して自分で探して見ましょう。

また、これも当然ですが、英語での英語学習サイトもあります。これも日本語サイト同様、多種多様にあります。実際に、語学学校の先生は、インターネットから問題をコピーして使ったりしてますしね。語学学校の先生の為のサンプル問題サイトなんてものあるぐらいです。
I PODを利用しよう ボッドキャストってご存知ですか?I PODの一つの機能で、ラジオなどの番組をダウンロードして聞く事が出来る仕組みです。最近では英語関連の教材も多く、外に持ち出して英語を聞くことが出来ます。それだけでなく、テキストのメッセージも出るので、音読やシャドウイングにも使えるとてもお勧めな英語勉強法ですよ。
ボランティアを
しよう
ボランティアって英語を話すチャンスです。英会話を楽にタダで勉強するにはかなり良い環境です。例えば老人の話し相手なんて、英会話にはかなりグッドな環境ですよ。
電話を利用しよう 公共機関の自動案内など、電話をして聞き取りの練習に利用したり、もしくはテレフォンアポインターと会話を試みたりと、電話を利用して、リスニングやカンバセーションの練習をするなんて楽しくありませんか?
 
 
blank 最後に blank

blank英語を勉強していく中で、とかく文法に比重が置かれがちです。これは半分正解です。ある程度正しい文法、単語、イディオムが解らなければスムーズな会話は出来ません。でも日本人は私達の思っている以上に文法は理解しているます。

日本の英語は受験英語、読み書きばかり重視して話せない。要するに日本人は文法でっかちなんです!他が全然だめなんです。文法って出来る出来ないか自分で判断できるので、つい力を入れてしまう部分ですが、私達はもっと他の部分に力を入れなくてはいけないと思います。それが"会話"です。

私達日本人のテーマは、日本語のように、無意識にぺらぺらと英語を使えるようになる事です。それには多少の間違いは気にせずに、とにかくうまく単語を並べる事です。私たちが考える以上に相手は英語の間違えには寛容です。とにかく、頭で考えて正しい翻訳をするより、出て来る言葉をどんどん伝えましょう?おのずから、より正確な方法を見つけていくことができると思います。

習うより慣れろとはよく言ったもので。英語って、自分で勉強も大事ですが、英語の世界に飛び込んで練習する事が一番です。

icon英語環境に拘り過ぎない事
最後に大事なアドバイス。中には英語環境に拘り、日本人でも英語で話す方がいらっしゃいますが、これは逆効果です。英語環境とはネィティブスピーカーと話す環境という事です。日本人同士での英会話は学習効果が低いどころか、間違った知識を入れてしまって逆効果になる事が多いです。

また日本人同士、日本語で意思疎通を図った方がリラックス出来ます。日本人と話す時はリラックスする時間として、割り切って日本語を話しましょう。

人間の頭ってとてもよく出来ていて、普段英語で会話する事に力を入れていても、突然日本語で話す切替はきちんと出来るのです。よって日本語を話す事が、英語力上達の妨げにはならないのです。

もし英語環境を求めるなら、カナダの郊外の街がお勧め。日本人留学生はやはり都会に住む事が多いので、思い切って日本人が全くいない街に行ってしまうのが良いですよ。
blank
blank
blank
blank
blank

blank

blank
blank
under