blank
blank
ホーム blank
blank
ビクトリアblankバンクーバーblankカルガリーblankトロントblankオタワblankモントリオールblankハリファックスblankその他
a
blank
blank カナダのカレッジの入学方法と、トロントのカレッジのご紹介

blank
blank
カレッジカナダ留学HOME blank
blank blank
blank カレッジについて ・進学のメリット ・進学アドバイス ・トロントにあるカレッジ blank

カナダのカレッジに進学して、日本で通用する英語力と北米での就労経験を得て、キャリアアップをしよう。

 
blank カレッジについて blank

a将来の就きたい仕事が決まっていて、日本、カナダでの就職・転職の為の実践的なスキルを身につけるのが目的の方、カナダの企業での就労経験を積みたい方、キャリアアップに直結する、コミュニティカレッジに代表される公立短期大学へ進学する事がお勧めです。

icon特徴
カレッジの特徴として、産業や地元住民のニーズに応えて幅広いプログラムが開講されている事が挙げられます。例えば、会計、マーケティング、コンピューター関係、旅行業、ファッション、保育、教育養成など、200種類以上のプログラムが開講されています。日本に帰国した際、英語の語学力と専門技能を持った人材は就職にかなり有利です。

iconカナダのカレッジに入学するには
カナダの大学学部課程に留学する最低条件は高校を卒業している事です。

icon願書の提出について

カレッジ入学は、毎年9月と1月、5月と選択コースによって異なりますが、主なコースは毎年9月と1月入学です。また、最終締め切りは約3ヶ月前となりますが、コースによってはその前に締め切る事もあります。

icon入学願書を出す際に必要な追加書類
a
高校成績証明書 (希望の学部・コースによって両方提出の時もあれば、最終学歴の成績証明書のみの時もある)
最終学歴の成績証明書
TOEFLスコア PBTで550点、IBTで79点が必要。このスコアがない場合は大学での英語評価試験を受けることもできる。但し、日本からの入学を希望する場合はTOEFLスコアが必要になってくる。
その他 コースによっては小論文や課題を出されたり、面接が必要なときもある。
 
 
blank カレッジ進学のメリット blank

icon特徴

国際社会で通用する教育を受ける カナダで学ぶ事は、日本の教育機関で学ぶ以上に、国際的な教育を受ける事が出来、視野を広げる事が出来ます。特にディスカッション、ディベートやプレゼンテーションなど、交渉力を養うプログラムが多く用意され、国際競争力が必要となりつつある日本企業への就職の近道となります。
高い英語力を身に付ける 日本の多くの企業では世界に通用する、国際競争力を持つ企業作りを目指しています。その中でカナダ進学で身に付けた、コミュニケーション力の伴った高い英語力は、就職に有利です。
北米企業で働き、キャリアを積む 大学やカレッジで学んだ知識を基に北米企業で就労する事によって、キャリアアップに結びつける事が出来ます。特に日本の企業にとって、北米でのキャリアは就職のアドバンテージとなります。
 
iconメリット

永住権取得が可能 カナダの永住権取得に関する法律が改正され、現在2年以上のカレッジ/大学進学と、卒業後1年以上のカナダでの職務経験があればカナダの永住権を取得する事が出来る制度があります。
労働ビザが最大3年取得可能 1年のカレッジ/大学進学で1年、2年以上の進学で最大3年間の労働ビザが取得出来る制度があります。
通学中も労働ビザをもらえる カレッジ/大学通学中も、各学校の規定を満たせば週20時間までの労働ビザを取得できます。
英語初心者でも最短1年で進学 英語初心者でも最短1年間のカナダ留学で十分進学が可能です。

 
blank カレッジ進学アドバイス blank

カレッジ進学は、現地に来てからプランを作って進めよう。

現状として、自分にあったカレッジを日本で探すのはなかなか難しいかもしれません。いうのもやはり、実際に学校の施設などを見学して決める事が、カレッジ選びの重要なポイントだからです。さらに日本である程度の英語学習を行っても、カレッジの授業にいきなり付いて行くのは難しいので、まずはカナダに語学留学して、カレッジ進学を目指す事をお勧めします。

 
blank トロントにあるカレッジ
blank

George Brown College

aジョージブラウン・カレッジはトロントの中心部にあるカナダでも最大級のコミュニティーカレッジ。1967年に創立され、職業・技能プログラムの以外に1年間のカレッジ・大学準備コース、遠隔教育プログラムもあります。

観光関係(Hospitality & Tourism Centre)は大規模な実習設備を持ち、科目数もカナダ最大を誇ります。またイタリア料理上級課程、栄養士を養成する食品栄養課程、ソムリエやペストリーなどの料理関係のプログラムが細かく分かれています。キャンパスがトロント中心部にあるという事で、多民族都市の特徴を反映して留学生が溶け込みやすいカレッジ。

出願はTOEFLスコア(筆記550 CBT213以上)、高校成績証明書、専攻によりエッセー、作品提出、実技が必要書類になります。その他の語学テストスコアも受け付けています。

留学生の入学に関するオフィス
200 King Street East, Room 102 Toronto M5A 3W8 Tel: 416-415-2852
iconhttp://www.gbrownc.on.ca

Centennial College
aセンテニアル・カレッジは1966年に創立され、スカボロー周辺にキャンパスがあります。プログラムの種類も幅広くあるので、興味のあるプログラムが見つけれるのではないでしょうか。特に保健・福祉系では、健康管理プログラム(Holistic Practitioner: Complementary Care Program)があります。

出願はTOEFLスコア(筆記550 CBT213以上) 高校成績証明書、専攻によりエッセー、作品提出、実技が必要書類になります。

留学生の入学に関するオフィス
P.O. Box 631, Station A, Scarborough, M1K 5E9 Tel: 416-289-5000 ext(4380)
iconhttp://www.centennialcollege.ca
Humber College

aハンバーカレッジはハイクオリティを自負し、オンタリオ州では最大の出願者数を誇っています。ディプロマ・サーティフィケイト・大学院レベルのプログラムを含めて150以上のプログラムがあり、毎年14,000人以上のフルタイム生徒が通っています。

ジャーナリズム関連のプログラムには、マスコミ業界に就職に希望する大卒者が集まっています。また卒業した学生の雇用側からの満足度が93%もあるそうです。

出願はTOEFLスコア(筆記550 CBT213以上) 高校成績証明書、専攻によりエッセー、作品提出、実技が必要書類になります。

留学生の入学に関するオフィス
205 Humber College Boulevard, C115 International Centre, Toronto M9W 5L7 Tel:416-675-5067
iconhttp://www.humber.ca

Seneca College

aセネカカレッジは 1966年に創立され、最新の設備が整ったコミュニティーカレッジです。特徴としては2学期、3学期にインターンシップ(研修)があるコースが豊富にあります。またフライトアテンダントディプロマプログラムもあります。

トロント周辺に8つのキャンパスがあり、その一つは York University と提携しています。

出願はTOEFLスコア(筆記550、CBT213以上)、高校成績証明書、専攻によりエッセー、作品提出、実技が必要書類です。

留学生の入学に関するオフィス
1750 Finch Ave. East, North York, ONM2J 2X5 Tel:416-491-5050
iconhttp://www.senecac.on.ca

Sheridan College

aシェリダンカレッジは1967年に創立され、アニメやデジタルメディアのプログラムがとても評判がよく、就職率は88%以上、雇い主からの満足度は91%以上だそうです。

アニメーションの卒業生の中にはアカデミー賞特殊効果部門の受賞者もいます。キャンバスはオークビルとブラントンの 2 ヶ所あり、ダウンタウンからは離れていますが、どちらにも寮があります。

出願はTOEFLスコア(筆記550 、CBT213以上)高校成績証明書、専攻によりエッセー、作品提出、実技が必要書類になります。 その他の語学テストスコアも受け付けています。

留学生の入学に関するオフィス
1430 Traflagar Road, Oakville, ON Canada L6H 2L1 Tel: (905) 815-4007
iconhttp://sheridanc.on.ca

blank
blank
blank
blank
blank

blank

blank
blank
under